R&D Ascendency ?研究開発

研究開発目標

  • 高性能かつ環境に優しい新製品の研究開発を進め、取引先産業のワンランク上の新材料の需要に応えると同時に、社会に寄与する。
  • 積極的に産業コア技術を打ち立て、国際市場での競争においてリードする。
  • 新機軸への絶え間ない研究精神、製品の付加価値の創造、産業イノベーションの推進及び産業全体の競争力向上を進め、同時に環境保護及び労働安全の社会的責任を全うする。

www.weisstree.com 世界の人口増加で資源有限のため、省エネかエネ高効率化へ発展されて行くと思われます。それを達成するために、グリーン関係やその貯蔵関連材料の開発が重要な役割を果たす事になります。長興は社会的責任者として、引続きの研究によって最良の材料を提供し、社会にフィドバックを目指そうとしています。

現在長興が研究開発に取り組んでいるグリーンエネルギーとエネルギー貯蔵材料は、導電性高分子材料、固体電解コンデンサー材料、透明性導電膜材料、色素増感太陽電池材料、ナノエネルギー材料等があります。中でもその材料研究開発では優れた成果を上げており、長興が提供する材料は取引先企業の固体電解コンデンサー製品を世界最高規格に引上げます(例えば電圧や電気容量等)。このような高規格の固体電解コンデンサーはLED照明にも応用でき、固体電解コンデンサーを使用したLED照明は、安全で高効率、長寿命等の特質を有します。未来の社会に必要な省エネで安全安心な製品の提供、長興の材料を普及させる事を通して社会に貢献していくことこそが、長興のグリーンエネルギーとエネルギー貯蔵材料の研究開発の真意です。

世界規模での高齢化が進む中、医療資源への需要はますます大きくなっています。特に2050年には世界の慢性疾患人口は2-3倍に増えると予想されており、慢性疾患に対する管理?監視システムの市場は新たな段階に入ると考えられます。例えば糖尿病は全世界で最もよく見られる非感染性疾患の一つで、先進国では五大死因の一つにあげられます。また同様に糖尿病は発展途上国や新興工業経済地域でも広がりをみせています。

長興はこうした社会の要求に応えるべく、糖尿病試験片関連材料などの体外診断用材料の開発を行っています。

「フレキシブルエレクトロニクス」技術は、フレキシブルなモニター、フレキシブルなエネルギー、フレキシブルなメモリー、フレキシブルなセンサー、フレキシブルな照明の五大類型のフレキシブルエレクトロニクス関連に応用されます。なかでも「フレキシブルなエネルギー」は無限の可能性を秘めた産業と見なされています。今後のフレキシブルエレクトロニクス製品の潮流では、およそ電子部品、パワーサプライは全て伝統的な「ハード」なものから「フレキシブル」なものへと取って代わり、例えば電子製品を巻いたり、折り畳んだりして簡単にポケットや財布に収納できるというような夢が実現するでしょう。わけてもフレキシブルエレクトロニクスの最重要コア技術はプラスチック基板がガラス或はその他ハード基板に取って代わることです。なかでもポリイミド材料は非常に優れた電気的性質、熱的性質及び多くのその他の物性を有し、最も潜在力のある材料と考えられています。現在、フレキシブルなモニター、フレキシブルなエネルギー及びフレキシブルな照明等の領域に用いられる基板、パッケージ等関連材料への応用に向け力を注いでいます。

高密度、多機能が要求される中、3DICは製品体積の最小化を可能にし、それによって今後多くの重要な新製品が生み出されていくことが期待されます。台湾の封止材料実測産業及びウェハー(Wafer)OEMは世界をリードしており、関連企業は大量の開発投資を行い、次世代の主流技術のポストを奪おうとしています。そして新たな製造プロセスに必要な材料は全て、まったく新しい、今までの市場に無かったものになる可能性があります。例えば、:Wafer level molding compound、ウェハー裏面研磨(Back grind film)とウェハー底部分の樹脂充填(Under fill)工程を一つにしたNCF(Non-conductive film)などです。

企業の関連材料の研究開発への取り組みは、時機にかなうばかりでなく、本土メーカーの快速なフィードバック/材料向上への整合により、更に競争力が高い産業を形成していきます。

長興は、エポキシ封止材を長年にわたり生産してきた経験と多種の液状樹脂製品を有しており、塗布製品中のドライフィルムフォトレジストは世界シェアNo.1です。これらの技術と長年の生産経験を後ろ盾に、協力メーカーの開発及び量産化の時間を効果的に短縮する事が可能です。