R&D Ascendency ?研究開発

www.weisstree.com 長興グループは1964年創立以来、一貫として研究開発及び革新を重視してきました。また関連知的財産政策を制定し、会社の知的財産を保護、企業イメージを向上させ、製品差別化のアドバンテージを生み出し、長興が競争力を維持する重要な核となりました。

長興は全ての技術研究開発部門の社員がイノベーションに従事する、それにこ。特許技術の出所は各部門の製品研究開発活動からの派生によるもの以外に、異なるグループ間での集団発想法によるブレインストーミングから生まれたものです。長年にわたるトップダウンの支持及びボトムアップの積極的働きかけにより、長興グループは特許技術において輝かしい成果を上げました。このような優れた特許技術は長興グループ事業部の多角化発展の後ろ盾となるばかりではなく、特許組合を強化し、知識経済時代の長興の利器となるでしょう。 

長興は多くの領域ですでに素晴らしい成績を上げていますが、引き続き環境保護とグリーンエネルギー材料等の研究開発への努力を続けています。研究開発された新製品は台湾、アメリカ、中国、ヨーロツパ、日本、韓国等の国や地域で特許申請をしており、今までに長興はすでに世界で400件以上の特許証を取得し、多くのコア技術の特許権を有しています。長興は特許は「質」と「量」を兼ね備えており、会社の自己防衛の有力な手段であるとともに、技術開発の先頭をいく指標でもあると考えています。

長興は他者の特許を尊重すると同時に、自社の特許の保護に対しても全力尽くし、積極的に健全な知的財産権管理制度の構築を進め、長興グループの運営上のリスクを軽減し、取引先からの信頼を確立します。これによって企業の無形財産価値を創造するだけではなく、台湾産業全体のための良好な模範ともなります。